長く商売を続ける方法

目先の利益を考えない

おかげさまで、ボーカル教室は11年目を迎えています。

数年前に「仕事をうまく長く続けるにはどうすればよいか?」

と質問されたことがあります。

私は「目先の利益を考えずに、お客様に与えること」と言いました。

すると質問者は「理解できない」とのコメント

面倒なので、私もそれ以上は何も言っていないですが、その翌年その人は、それまでの仕事を廃業してしまいました。

その後は、知人の会社に潜り込んだようだけど、今はその会社すらあるかどうかわかりません。

目先の利益は一時的なもの

目先の利益を追いかければ、成功すれば一時的に収益は上がります。

だけど、先を考えていないので、お客様は離れていきます。

当たり前だと思っていましたが、意外とわかっていない人が多いですね

私が若い頃所属していた会社もそうでした。

私がトップだった部署は、最高で一ヶ月で6000万くらいの売上を上げていました。

しかし社長との意見の食い違いや方向性の違いから私は辞めました。

するとその翌月には給料の遅延が発生、半年後に部署がなくなり1年半後には会社自体が消滅してしまいました。

結局、お金を搾り取ることばかり考えるので、お客様がついて来れなくなってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする